トータルリサーチの業務内容と代表諸崎浩幸氏について

会社の成り立ち

トータルリサーチは東京都目黒区にある自動車事故や生命保険に関する事件を調査する民間会社です。平成9年に損害保険総合調査事務所として開業し、平成14年には有限会社トータルリサーチに屋号を変更しました。平成20年には株式会社へと生まれ変わり、調査会社として着実な成長を遂げていることが窺えます。企業の代表取締役には諸崎浩幸氏が就任しています。

公正な判断

トータルリサーチの業務内容は損害保険や生命保険に関連する事件・事故を調査することです。なぜ調査が必要になるかというと、自動車事故などが発生した際に加害者と被害者の証言が食い違うことがあります。このようなとき、保険会社は適正に保険金を支払うことが難しくなります。双方の過失の割合を明確にしないことには適切に判断を行うことができないのです。不明瞭な点が多い事件や事故のとき、トータルリサーチのような調査会社が介入することによって、保険会社が公平な判断を行う手助けを行います。事件や事故の当事者や警察署、目撃者、近隣住民へ取材を行い、情報を集めます。事故現場の調査も行い、集めた情報を客観的に判断した上でクライアントである保険会社へ報告を行います。調査会社の綿密で正確な報告により、保険会社は事件や事故に対して妥当性のある判断を行うことができます。

調査会社の使命

代表取締役である諸崎浩幸氏は、企業のwebサイトを通じて事業内容や会社の成り立ち、プライバシーポリシーを掲載し、トータルリサーチがどのような会社であるかを発信しています。損害保険の中でも特に自動車保険に関連した調査を得意としており、堅実に会社を運営してきたことで、関東地区を中心とした多くの大手損保会社から信頼を得ることができたと諸崎浩幸氏は語っています。原因の究明や事故に関する各種実態調査、モラル・リスク調査、尾行調査など、困難を伴うあらゆる種類の調査を担当し、確実な実績を積み上げてきたことが信頼の置ける企業である証となり、多くのクライアントから依頼をいただくようになるまで成長することができたのでしょう。特にモラル・リスクに関する事案は得意分野であるとwebサイトには掲載されています。保険会社の査定担当者や弁護士の方と綿密な連携を取りつつ、スピーディにブリーフィングを行い、客観的事実をまとめたレポートを提出することで、限られた時間のなかで迅速に結果を出すことができるのがこの調査会社です。事件や事故の客観性を重視し、様々な特殊データや書類を取得することも可能としています。

株式会社トータルリサーチ
http://totalresearch.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、訪日外国人旅行者の旅行消費、いわゆる「インバウンド消費」が増加しています。観光庁によると、20…
  2. 地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る