九州本部の他国内外の拠点と、真正の仏教である阿含宗について

阿含宗は1978年4月8日に桐山館長によって立宗されましたが、起源をさかのぼれば仏教の誕生した今からおよそ2500年前になります。日本で一般的に知られ、ゴータマ・ブッダの教えが説かれているとされている経典のほとんどは、ブッダ滅後数百年から1000年たって創作されたもので、阿含経だけがブッダの直説された経典なのです。そこにはブッダになるための成仏法が説かれています。

真正の仏教とは、仏さまを拝みご加護を願うのみならず、成仏するための方法を修行するというものなのです。九州本部をはじめ、世界中の阿含宗の信者たちが、仏教の開祖であるブッダの真実の教えを世の中に広め、実践していくことを目指しています。活動拠点は、日本国内に九州本部の他6つの本部があり、海外にも7つの拠点があり、世界宗教として布教活動を続けています。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、訪日外国人旅行者の旅行消費、いわゆる「インバウンド消費」が増加しています。観光庁によると、20…
  2. 地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る