小原毅也のオークション詐欺に引っかからないための対策

ネットオークションはとても便利ですが、オークション詐欺のことを理解して家族が騙されないようにする必要があります。多くの人がネットオークションを気軽に出来る時代ですが、出品者・購入者、どちらも詐欺の被害に遭う可能性があります。今回は株式会社トポロジの小原毅也がオークション詐欺についてご紹介します。

例えば購入する側が遭う可能性があるものとしては、入金しても商品が送られてこない、出品されている商品自体が偽ブランド品、などがあります。オークションと言えばさまざまな人が入札することで、段々価格が上がっていくのが一般的ですが、なかには入札を自演して価格を吊り上げるという手法もあります。
また、出品者は商品をだまし取られる可能性もあります。例えば高額落札したあと、「先に商品を発送してほしい」と言われれば、なかなか断りにくいものでしょう。詐欺師はこうして不当に利益を得ています。騙されないためには、オークション詐欺のケースをよく理解し、場合によって不安に感じるようなことがあれば身近な人に相談するのがよいでしょう。オークション詐欺の手法は多岐にわたります。冷静になるためにも相談するのは良い方法ですし、もしかしたらその人が詐欺である可能性を教えてくれる場合もあります。

次に、株式会社トポロジの小原毅也が考える被害に遭わないための予防方法をご紹介します。まずは取引前に相手の素性を十分確かめておくのが肝心です。まず確認した方がよいのは、住所や電話番号などがはっきりしているかという点です。実際には存在しない住所や電話番号が書かれている可能性もあるので、大きな取り引きであればあるほど、入念にチェックしておきたいところです。

またオークションは、評価が低いと取り引きが成立しにくいため、だます側はとにかく低評価を嫌う傾向があります。例えば過去の取引が全て高評価の場合、逆に怪しいと思った方が良いかもしれません。また、過去の取り引きの詳細も確認してみましょう。毎回同じ相手と取引している場合、偽装やねつ造されている恐れがあります。高額の同一商品ばかりを出品しているような人も疑ってかかる必要があります。

オークションを利用する際には、取引相手の素性だけでなく、出品している商品からも詐欺を見極めることが可能です。例えば相場よりも明らかに安すぎる商品などは典型的な例です。その他にも、商品画像がぼやけている場合は、偽物とばれないようにするために、あえて解像度を落として撮影している可能性があります。また、商品説明欄の日本語がおかしい場合も取引を避けたほうが良いです。

ネットオークションは利用者数が多いことに加え、相手の顔が分からないということで、だます人も非常に多く存在しています。被害に遭わないためにも、対象のアイテムと取引相手の素性をしっかり確認しておきましょう。少しでも疑わしいと感じた場合には、取り引きはしないのが賢明だと株式会社トポロジの小原毅也は考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロ…
  2. さまざまなエステサロンを見かけるようになりましたが、せっかくならば口コミの高いエステサロンでの施術も…
  3. 川口 腰痛を見てくれる病院を求めているのであればおすすめは川口 腰痛を中心に見てくれるプライマリーカ…
ページ上部へ戻る